FC2ブログ

スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家は地震に強いSE構法。。

 16,2016 13:37
皆様、こんにちは。
やっと解体も終わり、いよいよ着工です。
今はこのような更地状態ですよ。やはり狭いですよね〜(;´д`)トホホ…
IMG_3132a.jpg

ところで〜我が家は地震に強いSE構法で建てます。
建替え業者さんはというと〜
SE構法登録施工店454社ほどありますが、その中でもSE構法を知り尽くし「確かな設計力」「高度な施工能力」
「健全な経営状態」など一定の企業審査基準を満たした施工店に対して、(株)エヌ・シー・エヌからパートナーシップを与えられるその名も「重量木骨プレミアムパートナー」と言うそうですが、全国に60社ほどあるそうです。
その中の一社であるOハウジングに決めたのです。
またその耐震性はというと、建築基準法では数百年に一度程度発生する地震(東京では震度6~7程度)によって建物が倒壊しないように定めているとのこと。「OハウジングのSE構法」では、数百年に一度程度発生するであろうその地震の1.5倍の力に耐えられる優れた耐震性能を確保しているそうです。これは、住宅性能表示制度における
「耐震性能3(最高ランク)」と同等だそうです。
また、東北での大震災や記憶に新しい熊本の続けて2度の大地震でも、SE構法で建てた家屋は倒れなかったそうです。
今の時代は何が起こるかわからないような時代であり、特に地震については最近は頻繁に起こっていますよね。
なので、少しでも安心できるおうちを建てたいと思い、SE構法にすることにしたのです。
我が家のように狭い土地でも、SE構法は壁の制約を受けない自由な間取りを可能にする構造(スケルトン)と、設備や間仕切り壁(インフィル)を別に考える発想だそうで、これは間仕切り壁を耐力壁とせず、主に外壁で強度を保つため、ライフスタイルに合わせて間取りを変えることが容易になるのだそうで、有難い限りです。
 
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。